塾を開きたい人のための情報サイト

この記事をシェアする
B!

塾を開くために準備をしよう

必要な資格と宣伝活動

塾講師になるために特別な資格などは必要ありません。学校の先生になるためには教員免許が必要ですが、塾は教育機関ではなく、教育関連業でサービス業となるからです。特に高学歴である必要もありませんが、勉強を教える仕事なのでかなりの勉強は必要です。
他の業種と比べて在庫管理などをする必要がないのも特徴です。塾の規模によりますが従業員を雇わなくても良いのです。
宣伝活動をしっかりとしていけば生徒が集まり、長く運営をし続けることができます。宣伝のためには自分の塾のホームページやSNSアカウントなどを用意しておきましょう。詳しい説明を載せておくと信頼感があります。新聞の折り込みなどを利用するとより集まりやすいです。

具体的な設定をしていこう

具体的にどのような塾にしていきたいのかを決めていきましょう。指導内容によって、学校の授業で理解できなかった部分を教科書をもとに補っていく補習塾、学校の授業で習うよりもよりレベルが高い内容を教えて受験対策をしていく進学塾、補習塾と進学塾の両方の役割を持つ総合塾などに分けられます。また指導形式によっても、一斉に多数の生徒に指導する一斉指導とマンツーマンで教える個別指導とに分けられます。
自分の指導経験や採算面、立地状況、近所にどのような学生が多いのか、どのような層をターゲットにしていくのかなどの条件を踏まえて自分の塾の特徴を決めていきましょう。料金設定などはそれらの決定事項をもとに決めていきましょう。